ラリルレロ

ラリルレロ

聖剣伝説3 TRIALS of MANA 体験版をやった

体験版がリリースされました

2020/04/20 に発売予定の『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』の体験版がリリースされました。
この作品は、1995年にスーパーファミコンで発売された『聖剣伝説3』のリメイク作品です。僕は小学生の頃にこの作品に出会ってそれこそもうこのゲームにおいてわからんことないくらいにはやり込んだゲームです。
この作品は主人公が6人いて、その6人の中から3人を選んでその組み合わせによってストーリーが変わるという面白い物語の作り方で、どの3人を選ぶかだけじゃなくてどういう順番で選ぶかってのも些細な違いではありますが変化があったりして無限に周回できる作品です。

とは言え大きなストーリーとしては3パターンなので3パターンやってみたら大体の話がわかるかなーって感じです。

やってみる前の気持ちとして

聖剣伝説シリーズは、2,3, LoM あたりが本当に神ゲーって感じで最高なんですが、個人的には4や2のリメイクが結構ひどくて LoM でもう終わりを迎えてしまったシリーズかもしれないという気持ちがありました。
なので3リメイクの発表を初めて知ったとき、めちゃめちゃ嬉しかったのは間違いなかったのですがその反面若干の不安がありました。

やってみた感想

結論を先に言うと最高 of 最高って感じでした。

原作厨の気持ちを最大限汲んでくれたような印象でした。
体験版でやれる範囲として、最初のボスであるフルメタルハガーを倒すまでがプレイできるようになっていて、そこに至るまでに、主人公の最初の街 -> 要塞都市ジャド -> 湖畔の村アストリア -> 聖都ウェンデルという4つの街を体験できるのですが、原作のマップをほぼ完全に再現しつつ見事な3D化を果たした感があります。

2D時代に散々知り尽くした街が立体になって、今まで行けなかった場所が行けるようになって、見えなかった場所が見えるようになって、知り尽くしていたと思っていた街が実はここから見るとこんな風に見えるのか、みたいな発見が本当に嬉しかったです。
冒頭に貼った Twitter のスクショがまさにそうなのですが、原作をプレイしていたとき僕らは常に街を見下ろす形でプレイをしていたけれど、ケヴィンたちから見たアストリアの村はこんな風に海が広がっていてこんな風に綺麗な空が見えていたのか、みたいなことがわかって鳥肌が経ちました。

あとはデュランを主人公にして大地の裂け目に着いた時も本当に感動した。
原作の時ただの谷にでかい橋がかかっていただけのあの空間がこんなにも壮大な場所だったのかってなって泣きそうになった。

システムや操作性みたいなところだったりで、良いと思ったところとかちょっとうーんってなったところとか、細かく話そうと思うと色々あるんだけれど、今言ったこの作品の主人公たちから見た世界を共に体験できるっていうこれだけで本当に最高で幸せだった。
この感想は原作への愛が強いおじさん世代にしかわからないことかもしれないのであまり参考にはならないとは思うけれど、とにかくもう本リリースが待ちきれなくなってしまった。

製品版が楽しみすぎて死にそう

新たな追加ストーリーとかクラス4へのクラスチェンジとか、新要素への楽しみももちろんのこと、あの街やあのダンジョンは一体どんな感じになってるのかなーとか考えるともう本当に製品版が楽しみすぎて死にそう。
僕は幽霊船が本当に好きだったのでそこが特に楽しみなところですね。

そんな感じで製品版まで残り1ヶ月、指折り数えて過ごしていくことになりそう。終わり。