ラリルレロ

ラリルレロ

ソードアート・オンライン 21 ユナイタル・リングⅠ を読んだ

SAO のアニメも延期の果てについにアリシゼーション編の最終章が始まったということでほくほくしてきましたね。
そんなわけでほくほくついでに、出ているのは知っていたけどあえて読まずにためておいた小説の SAO の新章を読み始めました。

今回はその感想をつらつらと書きます。ネタバレばりばりなのでまだ読んでなくて興味ある人はこの記事を読まずに本を購入することをおすすめします。

ユナイタル・リング編

すごく簡単に言うとザ・シード規格のゲームがすべて強制的に統合されて突然ユナイタル・リングというゲームになってしまったっていうところからストーリーが始まります。
キリトたちが SAO の世界で楽しくお話していたら突然アインクラッドが墜落して落ちたその大地は自分たちが知っている ALO の世界ではなくてよくよく進めてみるとユナイタル・リングというゲームに変わっていたってストーリー展開です。

このユナイタル・リングがいわゆるサバイバルゲームってやつで、素材を集めて道具や武器や防具やらを生産してモンスターを狩ったり植物を集めたりして食事をして、みたいなごりっごりのやつでまじでおもしろいです。ゲームとしてはいままでの SAO シリーズの中で一番わくわくする感じで個人的には最高の章始まったなってなりました。

もう一つのポイントとして、アリシゼーション編が終わってアリスが現実世界で生きていくことになって、そしてキリトたちと一緒にユナイタル・リングの世界でゲームをすることになったのが本当に良い。
アリスが出てきてから僕の SAO の中で好きなキャラの圧倒的一位をアリスが奪ったので、そのアリスが今後もキリトと一緒に冒険してくれると思うと本当に最高で泣きそうです。

最初はわけあって、キリト・アスナ・アリス・リーファとリズベット・シリカ・ユイが別々でゲームを進めているんだけど、巻の最後で集合して敵を倒すシーンとか結構胸が熱くなった。
ALO にいたときに最も伸ばしていたスキルを一種類だけ引き継いでいるっていう設定になっていて、当然キリトやアスナなどみんな片手剣スキルとか戦闘用スキルだけを引き継ぐことになったんだけどリズベットだけは鍛冶スキルを引き継ぐことになって、サバイバルゲームの中の生産スキルっていうめっちゃ重要なポジションをリズベットが担える感じになったのが、あああああリズベットに光があああああってなったのもまた嬉しかった。

個人的な最大胸熱ポイント

そしてここまでですでに満足度がめっちゃ高かったんだけどこの巻のラストになんとアルゴが出てきたんですね。
SAO のアニメでは一瞬だけ、小説においてもメインのストーリーでは一瞬、短話の中でちょっとだけフィーチャーされたくらいのアルゴが、ついにメインストーリーの中でがっつり関わってくる雰囲気を出してきたのが本当に次巻が楽しみで仕方がない。

アルゴの声優の井澤詩織さんはメイドインアビスのナナチとか、本当にめっちゃ良い声なので最高です。
ユナイタル・リング編がアニメになるかどうかは正直めっちゃ可能性低いだろうとは思っているけど、いつかアニメ化してくれたらなあみたいな夢も持てる素晴らしいシリーズの始まりでした。

終わり

SAO 最高!!!!
このまま22巻も読み始めます。おわり。