ラリルレロ

ラリルレロ

iPhone で撮影している映像を Mac でモニターする方法

iPhone を使って自分を撮影したい時ってありますよね。
その際にインカメラじゃなくて普通にしっかりしたレンズで撮りたいんだって時ありますよね。
でもそうすると現在撮影している映像がこちらから見られないのでどんな状況が確認しながら撮ることが出来なくて困っちゃうんですよね。

モニターがほしい。でもそんな機材を買う余裕はない。だけど手元に Mac ならある。そんな人が使えるソリューションです。

QuickTime Player を使う

まずは iPhone と Mac を USB で繋ぎます。
そして Mac にデフォルトで入っている QuickTime Player というアプリを起動します。

「ファイル」 -> 「新規ムービー収録」でデフォルトだと Mac の内臓カメラが起動して Mac の画面いっぱいに自分の顔が突然出てきて驚くかもしれません。だけどそこで画面を消さずに我慢して続けましょう。

赤い丸の録画ボタンがありますよね。その右に下向きの矢印がありますよね。
そこをクリックすると今 Mac に繋いでいる iPhone の端末名が表示されるはずなのでそれをクリックしましょう。そうすると繋いでいる iPhone の画面が表示されます。

あとは Mac の画面をモニターにしつつ iPhone で動画を撮影するだけです。
ちなみに iPhone の方で画面が横持ちに切り替われば Mac 側でもアスペクト比が横持ちの形に切り替わります。便利。

終わり

これでお手元の Mac を使って iPhone の映像をモニターできるようになりました。

注意点として常に有線で iPhone と Mac が繋がることになるので行動の自由度がないので、使えるパターンとしてはスタンドで固定した iPhone で自分を撮りつつその横に Mac を置いて映像を確認できるっていう YouTuber 的な使い方しかなさそうっていうあれがありますが、今回の僕の用途はそれだったので。

終わり。